2011年06月08日

2012年12月22日まで残り562日

2012年12月22日に何か人類にとってとんでもない災いが起こるのかもしれないということで書き始めたブログでしたが、調べているうちに特に何かが起きるとという根拠は存在しないという結論の元にこのブログを書くことから遠ざかっていたわけですが、3月11日に東日本大震災と津波及び原発事故によって結構とんでもないことがおきているわけです。

特に東日本大震災の起きた日は2011年3月11日ですが、2001年9月11日におきたNYでのテロの日と足し算をしてみると下6桁が12年12月22日になってしまうというなんだか偶然にしてはできすぎのような日付になっています。

まあそんなわけで2012年12月22日には何も起きないだろうとは思いますが、念のためブログを再開してこれ以上何も起きないことを祈りつつ世界で起きる事象をチェックしていこうと思っています。

まず気になるのは6月11日に大きな余震があるのではというデマが飛び交っているようですから、これがデマであったことを確認したいと思います。

ともかく後562日で2012年12月22日を迎えます。
posted by orute at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントホライズン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月30日

ハヤブサが地球に帰ってきた

http://www.isas.jaxa.jp/j/enterp/missions/hayabusa/today.shtml
先日テレビで取り上げていたので知りましたが、月以外からサンプルを持ち帰ることができるとは驚きです。
最近の日本は元気がないように見えますが、地力はあるようです。

6月にサンプルが回収できたら、ビッグニュースとなるでしょうね。
posted by orute at 11:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 宇宙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月08日

月には何かがいる?もしくはいた?

Kaguya Hime found something
お月さんって不思議なもんだね!日本の先端技術で撮った、あるはずのないものが写っている。塔のようなものに見えるが如何でしょうか?このビデオにもはっきりとその塔を拝見出来る。15年前にロスでホーグランド氏にもっと驚愕の写真が一杯見せられたことがあるので今回の映像は驚きでもなく再確認です。「誰かが月にいるか、いたか」の結論であろう。
http://echan.thd-web.jp/e11561.html
************************************************************
エハンさんのブログ情報なわけですが、確かに奇妙な影があるわけです。自然にできるとはとても思えないわけで、この細長い塔のようなものは一体何なのというわけです。

月には、何か生物がいたという証明なのかもしれませんね。宇宙人なのか地球人なのかそれとも・・・。
posted by orute at 06:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 宇宙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。