2008年10月12日

伊勢ー白山 道 というブログに目を通してみたものの

伊勢ー白山 道
http://blog.goo.ne.jp/isehakusandou
************************************************************
一通り目を通して見た感想としては、私にとってなんとも気持ちの悪い印象の残るブログでした。綺麗ごとばかりかいていて一見信用しても危険は無い様に思うわけですが、このブログ主はなにやら得たいの知れない霊なのか神様?なのかにとりつかれていると自分で言っているわけで、その霊なのか神様?がまともなものである保証がどこにもないわけです。
そんな怪しい人間のいうことを真に受ける人が増えていると言うことに関してはかなり危惧するわけです。

そもそも矛盾を感じるのは、スピリチュアルを商売にお金をもらっている人は偽物と言っているわけですが、この方も本を2冊も出し、わけのわからないカレンダー(白山道監修)まで出しているという2枚舌なのです。他の人がやるとまがいもので自分は許されるというような理屈が通用するわけがないのです。

それと福岡市で起きた子供殺しに関しても、思いっきり外れた内容の霊視?をしているわけで、これほど真実が見えていない霊能者も珍しいわけです。

何でこんな人物がブログランキングでトップになってしまったのかを考えて見ると2chなどでささやかれている自作自演も案外事実なのかもしれないわけです。ちなみに私は、過去自作自演を繰り返して一時的に人気になった人物を良く知っており、そいつと同じ波長を感じるわけです。

この白山道なるブログが本物なのかどうかは、1年後もう一度のぞいて見ればわかると思いますが、今のところの印象では、とんでもない偽物だろうなと思うのです。

本物の神が宿っている人物ならもう少し品格がある文章を書きそうなものだからです。白山道なるブログの内容はあまりにもレベルが低いからです。とても霊能力高い人物が書いているものとは思えない。

そもそも営業の仕事をしているというわりには、随分と時間に余裕のある人物だなと。営業ならブログを毎日書いている暇など無いはずなのです。年に何日かはとても書く余裕がないはずなのに、この人物は皆勤賞のようで、とてもブログで書いている民間企業の営業というのを信じることは出来ないかなと思うわけです。

ともかくこのブログはちょっと危険かなと。特に悩みを抱えて誰かにすがりたいという願望のある人にとっては、信者になってしまい何でも言われるとおりにしてしまうという感じがします。

当ブログで一度紹介してしまった手前、ごらんになった方はご注意をお願いしたい。

ビジネスの世界でうまい話はないように、信教の世界でもうまい話はないのかなと。

ネットの世界には、やらせや自作自演などがあるということを踏まえて雰囲気に惑わされてはいけないと忠告しておきたいと思います。

さてどこかに本物の霊能者はいないものかな?
posted by orute at 14:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 霊・オーラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/107968690
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。