2008年12月26日

新商品の行列に最大千人の「サクラ」

23日に大阪に上陸したマクドナルドの新商品「クォーターパウンダー」。開店前からの長蛇の列の中にお金で雇われたいわゆる「サクラ」が含まれていたことが、JNNの取材で明らかになりました。

 先月東京で先行発売され、話題となっていたマクドナルドの巨大バーガー「クォーターパウンダー」。関西初上陸となった23日、大阪・ミナミの店の前には開店を待つ大勢の人。徹夜組も含めたおよそ2000人が、1キロにも渡る長蛇の列をつくりました。

 「販売開始いたしましたが、さきほど耳にしましたが、2千数百人の方が並んでいらっしゃると。大成功だったなと思います」(日本マクドナルド 原田泳幸CEO、23日午前11時半すぎ)

 しかし、この行列の中には、なんとお金で雇われた客、つまり「サクラ」が最大で1000人含まれていたことがJNNの取材でわかりました。人材派遣会社大手の「フルキャスト」が事前にアルバイトを雇い、並ばせていたのです。

 募集広告には「並んで買って食べるだけの仕事」と魅力的な言葉が躍り、時給1000円に加えて、ご丁寧に商品の購入代金まで用意するとあります。

 「ただ並ぶだけというよりは、商品のモニターの仕事だったんですよ。(Q.これは『サクラ』ではないのか?)モニターのお仕事ですので・・・」(フルキャスト広報)

 マクドナルドはこの翌日、初日の来店者数が1万5000人に上り、売り上げも1002万円と最高記録を更新したと、ホームページなどで派手派手しく自慢しました。しかし、「サクラ」に買わせた数も含まれたこの数字は、純粋な売り上げと言えるのでしょうか。

 「景品表示法上は、売上高が多いこと、あるいは来客数が多いことが誤解を招くような場合は、不当表示に該当するおそれがあると考えられます」(公正取引委員会 取引課長)

 自作自演との批判も上がっている今回の騒動を、日本マクドナルドはJNNの取材に対して、「モニターの募集は依頼したが、意図的に盛り上げようとしたわけではない」と話しています。
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn/20081225/20081225-00000065-jnn-soci.html
************************************************************
マクドナルドはとんでもない会社のようです。こんなマーケティング手法を用いるとはね。原田泳幸CEOはサクラを使っていた事実を知っていたのでしょうか。知っていた上で行列を喜んでいたとすれば至上最低の経営者でしょうし、知らなかったとしたらこんなまぬけな経営者はいないということになりそうです。

今はネットの活用が進んでいますから、サクラなんてすぐばれるわけで、まともな会社ならサクラなんていう馬鹿げた手法は使わないのでしょうけど、マクドナルドはまともな会社ではなかったようです。

それにしても純粋に行列に並んだ(そんな奴は本当にいたのか?)人たちは無駄に並ぶことになったわけで、怒って良いわけですが、まあ並ぶこと自体が間抜けな行為なわけで、文句を言う人もいないかな。

この件は今頃2chで大騒ぎになっているのかな?
posted by orute at 07:52| Comment(0) | TrackBack(1) | 不正・偽装問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/111723134
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

今日のキーワード&銘柄チェック
Excerpt: ... ファーストフード関連では、日本マクドナルドホールディングス(2702)、...
Weblog: マクドナルドの秘密
Tracked: 2008-12-26 12:27
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。