2009年11月08日

強力な太陽嵐で2012年に大停電? 対抗策は

2012年に世界が終わる――こう聞いたら、マヤ文明の予言の話だと思うかもしれない。しかしこの恐ろしい予測は、マヤの民でなく科学者が行なったものだ。米航空宇宙局(NASA)が招集した研究チームが昨年発表した報告書には、太陽嵐が壊滅的な被害をもたらす可能性に関連して、そんな身の毛もよだつシナリオが記されているのだ。[2012年人類滅亡説は、マヤ文明において用いられていた暦の一つが2012年12月20日に一つの区切りを迎えることから連想された、オカルト的な終末論の一つ]

『Severe Space Weather Events ― Understanding Societal and Economic Impacts』(激しい宇宙気象――その社会的・経済的影響の把握)と題するこの報告書は、太陽フレアが放出するエネルギーが地球の磁場を混乱させ、強力な電流によって高圧変圧器が故障し、電力網が停止する可能性について検証したものだ。

************************************************************
当ブログは2012年12月22日に何かが起こるのではという疑問を解消するためにはじめたものですが、検証していくうちにどうも何も起こらないのではないかという印象が強いので、だんだんとブログを書くことから遠ざかっていたわけです。
ところがもうすぐ2012という映画が公開されるようで、またまた2012年が注目を浴びることになりそうです。まあ映画なのだから架空の話なのでしょと検索をしてみたら、上記の記事を見つけてしまったというわけです。

えっ2012年に大停電が起こる?どっちにしろネット社会は崩壊するかもしれませんね。磁場が混乱したらインターネットなんて全く使い物にならなくなるのではないでしょうか。

というわけでちょっと気になる記事なのでした。

2012という映画については劇場で見てみようと思います。果てさてどんな映画なのでしょうね。
posted by orute at 10:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 天災・地震・異常気象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。