2008年01月23日

懸念していたNYダウの暴落はなかったようです

暴落水準からはじまって、何とか持ち直して最終的には 11971.68 -127.62 ということですが、これを受けて今日の日経はどういう動きをするのでしょうかね。

長期的にはかなり厳しいでしょうね。まだサブプライムで損害を受けた企業の業績が表面化していないわけで、じわじわと実態が明らかになってくるのでしょうから。

今回の日本株の暴落はいつもと雰囲気が違うようなので、ここら辺が底だと思って手を出すと危険かもしれませんね。
posted by orute at 06:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 危機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。