2008年02月20日

燃費向上グッズを買うなんてありえない選択でしょう

それでも一般の消費者は、菊地さんの言うとおり、確認する術がないのでしょうか。それは違います。ごく一般の人でも社会生活上の常識があるのです。
「そんなに燃費が向上するのなら、自動車製造会社そのものが、その技術を取り入れるはずではないか。」
と思うはずです。
何しろ各自動車メーカーは燃費の向上にしのぎを削っているのです。
5%の燃費向上に各社の技術陣がどれだけ努力しているか。
http://ohtsuki-yoshihiko.cocolog-nifty.com/blog/2008/02/25_73ba.html
************************************************************
確かに大槻教授のいうように世界中の自動車メーカーが燃費向上にしのぎを削っているのに燃費向上グッズなどが効果があるわけがないでしょうね。むしろ燃費が悪くなる可能性の方がかなり強いのでは、もしくはエンジンの耐久性が悪くなるかも。

そんなに効果があるならメーカーがその技術を取りいれているでしょうという論理はすごく説得力があると思います。

世の中にはありえないものに、騙される人が多いのには本当にびっくりです。例えば競馬必勝法とか宝くじ必勝法、そんなものが存在するのなら私なら人には絶対に教えないでしょうね。自分で実践を繰り返せば大金持ちになれるのに、何故人に教えるのというわけです。そんなわけないでしょと。

株式評論家なるものも同じです。そんなに株価のことがわかるなら自分で投資して儲けた方が良いのではと。投資しても儲からないから評論家をしているのではないでしょうか?そんな能力の無い人の言うことを真に受けて投資をしたら、ますます儲からないでしょうね。

まあ色々な分野に必勝法と言うものが存在するのは事実ですが、そう簡単に人に教えるわけが無いということを知っておくべきでしょう。
posted by orute at 08:07| Comment(7) | TrackBack(0) | 詐欺? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
公正取引委員会の排除命令が出た時に前後して某カー雑誌が燃費グッズの検証記事を書いてました。結論として効果があると(笑)

まぁ結局結果は気持ち次第だったわけで。
これなら「燃費向上のお守り」でも持って運転しても同様な効果が得られるんじゃないかと思います。

大槻教授のブログトラックバックからお邪魔しました。
Posted by 三 at 2008年02月20日 14:36
三さん 当ブログへようこそ

カー雑誌が検証記事を書いていたのですか?広告を出してもらうためには提灯記事も必要なのでしょうね。
Posted by orute at 2008年02月20日 20:51
燃料向上シールなんかにだまされるやつはバカだよねとかいってるやつに限って磁気ネックレスとか磁気シールとか張ってこれ肩こりにけっこう効くようねぇとかいってたりする世の中。
磁気で血行がよくなるなんてほんとに有る得るとおもってるのだろうか。
Posted by 電気マン at 2008年02月21日 01:18
電気マンさん 当ブログへようこそ

磁気製品の効果はどうなのでしょうね。一度も買ったことがないのでわかりませんが。針灸が効果があるのなら磁気も効果があっても不思議はないような気もしますが。
Posted by orute at 2008年02月21日 20:28
あるわけないじゃん(笑)。まぁ機械と違って人は気の持ちようでそれこそ絆創膏はっておいても信じるやつには効果はあるけどね。物理現象として磁気で血流量が増加するなんて主張してるのは大手ではTDKぐらいじゃねーの?
Posted by 電気マン at 2008年02月22日 21:41
磁界の中で物体を運動させて何の変化もない、と断言するような人には科学のセンス無いだろ。
大槻さんってプラズマの専門ですよね??
Posted by 山師 at 2008年02月23日 12:27
山師さん 当ブログへようこそ

磁気についてはよくわかりませんのでノーコメントですが・・・。

他の人はともかく私には科学のセンスはありません。何しろ月が自転していることも知らなかったわけで。でも何故自転しているのかいまだに納得できなかったりして。

それにしてもTDKは磁気で血流量が増加するなんて主張してるのですか。ふ〜〜〜ん。
Posted by orute at 2008年02月23日 19:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。