2008年06月02日

2020年までに、炭の力で世界中の水を透明にしたい

昨日のTBSの夢の扉では、炭素繊維を使って水質浄化に取り組んでいる小島 昭さんという方が出ていたわけですが、こんな素晴らしい人が日本にはいるのだなと感激したわけです。

今、中国で水質浄化にチャレンジしているわけですが、番組を見ていると炭素繊維の効果がすさまじいわけです。こんなに効果があるのなら、中国政府は国をあげてこの方法で水を綺麗にすればよいのにと思ったわけです。

何故中国の水を綺麗にして欲しいかというと、結局私達日本人にその影響が降りかかってくるからなのです。中国産の食糧はどうしても食べないといけないわけですが、今の中国の汚い水で作ったものを食べたくは無いわけです。しかしながら外食した際とかには知らず知らずのうちに中国産のものを食べさせられているのでしょうから。
中国の川の水は海に流れ、最終的には日本の沿岸を汚染してしまうわけです。

日本の水の安全を守りたければ、中国の水を何とかしないといけないわけです。その最も効果のありそうなものがこの炭素繊維なわけです。
そんなに効果があるのがわかっているなら国家プロジェクトとして取り組めと中国政府に言いたい。

炭素繊維を大量生産して中国の汚れた川や湖で水質改善に使えと。

それにしても科学者の中には、こうした人のためになることを必死になってやっている人もいるかと思えば、単なるプライドのために裁判をおこして大学や裁判関係者に迷惑をかけまくり、自分の研究といえば社会に何の役にも立たないかもしれないとなるとこの両者の違いは何と嘆きたくなります。

科学者たるもの、余計なことに時間を使わず、自分の使命をきちっと果たせと言いたい。特に国立大学の准教授は、そのくらいの使命感を持てよと言いたい。

ニセ科学批判をしたければ、大学サイトを使わず自分のサイトでかつ自分のプライベートな時間を使ってやれと強く言いたい。
posted by orute at 07:12| Comment(2) | TrackBack(0) | すごいぞ日本人! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
皆で頑張ろう!!
水質浄化のチャレンジは良い事ですね^^
頑張ってほしいです!

拝見してて思ったことですが浄化された後
汚れを吸着した大量の炭素繊維はどうなるのでしょう?
廃棄物? 再生できるの? 大量だから運搬も大変?
こんなこと考えるのは私だけ?
循環型でないと駄目なのでは・・・???
Posted by グッピー at 2008年06月03日 11:15
グッピーさん 当ブログへようこそ

処分方法は、炭素繊維だから燃えるのでは?良い燃料になるかも。
Posted by orute at 2008年06月06日 07:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/98916087
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。