2008年09月19日

『緊急検証!世紀の大予言スペシャル〜人類滅亡7の警告〜』

昨日のモクスペを見ましたが、ひどい内容でした。7人の芸能人がこの予言を信じる信じないと札を上げる演出なんかは、学芸会レベルだし、そもそも予言のほとんどがうさんくさいものばかりなのです。

そうそうマヤの暦の件で中村先生が出演されていましたが、2012年12月23日に地球が滅ぶという予言に対して、まるで中村先生が同意しているかのような演出になっているところがひどいですね。

どこの誰が2012年12月23日に地球が滅ぶと言っているのか、もしくどこにそんな予言が書かれているのか見せて見ろと言いたい。単にマヤ暦が2012年12月23日に一旦区切りをつけているのを無理やり地球が滅ぶとこじつけているバカがどこかにいるというだけの話ではないでしょうか。

しかしながら、2012年に太陽の黒点の活動が最大になるというのは、気になりますね。ここ数年の地球温暖化はCO2が原因ではなくて太陽の黒点の活動に関連していると仮定すると2012年は要注意というわけですから。

そうそうジュセリーノについては、これまで予言を的中したということでしたが、もうちょっと検証してからテレビで放映しろとテレビ局に抗議したい気分になりましたね。
ジュセリーノほど予知が当たらない人物は珍しいとね。当たったと騒いでいるのはそのほとんどが後だしジャンケンでしょう。

ジュセリーノについてはあまりにひどいのでテレビ局に抗議したいと思うわけですが、放送倫理・番組機構BPOに
視聴者の意見
http://www.bpo.gr.jp/audience/send/index.html
というページがあるので、意見を送って見ようと思います。
posted by orute at 12:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 予言・予知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月14日

ジュセリーノの予言 9月13日大地震はおおはずれ

やれやれですが、昨日は地震が起きなかったようです。何が心配かというとまぐれ当たりをする可能性が結構あるからなのです。東海大地震はいつ起きても不思議はないわけで、いつかはあたると言うわけです。何しろジュセリーノを信じているおつむの弱い方は、9月13日に起きなくても9月16日くらいに起きればやっぱりあたったと大騒ぎするだろうし、日本でなくて中国で起きてもやっぱり予知夢は当たったと大騒ぎするのでしょうからね。

でもよく考えてほしい。貴方は夢の中でその夢がいつ起きているかわかる夢を見たことがあるのかと。それと自分の行った事のない場所の夢を見たことがあるのかと。

2008年9月13日に日本の東海地方で大地震が起きるなどというデマを飛ばしたジュセリーノの予知夢が一体どんな夢だったのか具体的に聞いてみたいものです。
何故それが東海地方だとわかったのか?何故それが9月13日に起きるとわかったのか。

もう馬鹿馬鹿しくて、こんな馬鹿げた予知を信じる人たちには、一度脳が溶けているかどうかを検査して調べろよと言いたい。

同じ予知でもラビバトラ氏が2010年に資本主義が崩壊するという予知はかなり気になります。今アメリカで起こっている金融危機はもしかすると資本主義の崩壊につながりかねないからです。

また木内鶴彦さんが臨死体験で見てきた未来についてもジュセリーノの馬鹿げた予知よりもよっぽど心配なわけです。
posted by orute at 09:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 予言・予知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月13日

ついに大槻教授がジュセリーノに言及

最近、話題のブラジルの予言者ジュセリーノ。
彼は夢、つまり予知夢でこれまで9万件の予知をした、というのだ。16歳からやりはじめて、ニューヨークの同時多発テロ、阪神淡路大震災を予言したそうだ。

なんだって!?
9万件の予知夢だって!?
この30年間、毎日夢を見たというのか?それでも1万件ではないか!
一日、9個の予知夢を見たとでもいうのか?
人はたまにおかしな夢を見る。だが、これが予知夢であることはない。夢の大部分は、家族・友人のことなどだ。
なぜ、ブラジルで神戸の夢を見るのか。しかも、このような予知夢を一晩に9個も見るなど、まったく荒唐無稽。
つまり、ジュセリーノとやら、単なる嘘つきなのだ。
http://ohtsuki-yoshihiko.cocolog-nifty.com/blog/2008/09/92-a7eb.html
************************************************************
ジュセリーノの予知は、大槻教授にかかると単なる嘘つきの一言で終わりのようですね。

こんなジュセリーノのようないい加減な人物を何度も何度も取り上げるテレビ局には本当にあきれます。確かにバラエティ番組だから良いのだろうと思っているのでしょうが、何度も放送するとそのたびに信じる人が増えてくるわけで社会悪としか言えないというのにね。

まあ民主党の代議士の中にはこのジュセリーノ予知を信じるバカがいるようですから、どうしようもないのかもしれませんね。

地震国の日本に対して地震が起きるという予知がまぐれで当たる確率はかなり高いわけで、地震が起きる地震が起きると毎回テレビで予知していればそのうちまぐれで当たるのでしょうね。

テレビ局にはこれまでジュセリーノの予知がどれだけはずれているかを検証して欲しいものです。何しろまだ私の予知のほうが彼よりもましなのですから。

ジュセリーノを少しでも信じているおつむの弱い方はこのブログをじっくりと目を通すことをおすすめします。

ジュセリーノ予言の真実
http://blog.livedoor.jp/akgoodco1224/
posted by orute at 10:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 予言・予知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。