2007年11月03日

風水 直居由美里さんの人気は凄いらしい

この直居さんも金スマに何度か出ているようですが、かなり人気のある風水デザイナーのようです。建築やリフォームにおいて風水を活かす設計をすることが人気の元のようです。目の付け所がシャープという感じでしょうか。

さすがにデザインを手がけているだけに感じの良いサイトもお持ちのようです。

直居由美里さんのHP
Yumily
http://www.yumily.co.jp/

そうそうさすがに芸能人は、占い好きかなと思ったのが、この直居さんと細木さんの2人に占ってもらうという困った人が多いということです。
どちらか一人にしないと異なることを言われたらどうするのというわけです。
そういえば金スマもズバリ言うわよ!もTBSなわけで、ディレクターが同じだったりするのかもしれませんが・・・。と思って調べたら全く別人でした。
posted by orute at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 占い・風水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月02日

陰陽師 石田千尋さんは一体何者なのか?

石田千尋さんも金スマに何度か出ているのを見ましたが、なかなかの演出によって結構楽しめる内容になっていましたね。この方の場合は占い系なわけで、当たるも八卦ということなので良いのではないかと思うわけです。

陰陽師 石田千尋 オフィシャル サイト
http://www.onmyoji.jp/

ブログなんかも書いているようです。
陰陽師 石田千尋の平成徒然草
http://chihiro.nifty.com/


さすがに陰陽師という古風なことをしている方だけに

万年筆と原稿用紙で、今皆様が読まれている文面をしたため、それを誰かがパソコンに打ち込むという

今後も本人はパソコンやインターネットには無縁であり続けたいと考えている方のようです。

よくよく考えて見るとインターネットの普及は、本当に私の人生にとって良いことなのかどうかちょっと考えてしまうわけです。かつては本を良く読んでいたのに今はほとんど読まなくなってしまったし、本が売れなくなって中小の出版社は風前の灯といった状況があるのを見ると本はいつまで生き残れるのかと思ってしまうわけです。

本の文化が無くなってしまうのは何ともさびしい限りです。



posted by orute at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 占い・風水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月08日

占いについて考える まずは細木数子先生

私は、ミーハーなもので結構細木さんの番組を見ていたりします。占いなんて信じる奴は愚かだと思われようとバラエティ番組として面白いと思って見ているわけです。

ふざけるな。まじめに占いについて考えろと言われれば

誕生日から人の運勢が決まるわけがないだろう。ありえないと一言で片付けたい。
えっ、誕生日の星で運命は決まる?何でやねん。という風に答えるのかも。

そうそう、私は六星占術によると木星人のようですが、この木星人の解説を見ると結構あたって見えるので私は六星占術を信じています。(嘘です。信じている振りをしているだけです)

実は知っているのです。何故人は占いを信じやすいのかというからくりを。
六星とは土星人 金星人 火星人 天王星人 木星人 水星人
という6つがあるわけですが、それぞれ解説があったりします。
この6つの中で最もしっくりする解説が誰しもあるのですが、私はたまたま木星人がしっくりくるわけです。だからおう当たっているではないかということになってしまうのです。
この確率は1/6ですので、この時点で日本国民の1/6の2000万人が信じてしまう可能性があるわけです。
だから本が馬鹿売れするのかな。

6通りあるのですから、しっくりくる確率は1/6。まずまずあてはまるのかなというのがもう1/6。少しは当たっているが1/6。これで国民の半分は占いは当たるのかもしれないと思うわけです。あてはまっていない半分の人は占いを信じないか他の占いを頼ったりするわけです。これが占いのからくりというわけです。

人間は自分の都合の良いことは信じやすい習性を持っているようですので、何星人の解説はあまり当たってはいないけれども今年の運勢は今のところすごく当たっている(たまたまなのにね)、やっぱり昨年ついていなかったのは大殺界だったからだなどと当たっている部分を一生懸命探して、六星占術はすごいと自己催眠をかけているといったところが本当のところなのではないでしょうか。

これが六星占術の人気の正体なのでしょう。

まあ占いを科学をベースにしたものと思っている人はいないわけで、信じるものは救われるといった程度の認識でよいのではないでしょうかね。都合の良い部分だけ信じて精神的に安定させてくれればよいと。

でも細木さんの人気が高いのは、占いではなくて発言内容にあるのかもしれません。男は男らしく、女は女らしく、女性は家事万般ができなければ駄目よとかいった説教や先祖を大事にしないと駄目よといった発言が支持されている本当の要因なのかもしれません。

まあ、これまでの占いがはずれまくっていたり、墓石を売るのが目的だとか地獄に落ちるわよといったとんでもない発言などの困った部分も多いのは確かなので、テレビのゴールデンタイムで放映しているのは、問題だ〜〜〜という気もしますけどね。
posted by orute at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 占い・風水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。