2008年03月21日

超能力捜査番組がいかに杜撰かを検証したサイトを発見

FBI超能力捜査官はアホだ その1
http://www.sakusha.net/moromoro/makumoniguru2.htm
FBI超能力捜査官はアホだ その2
http://www.sakusha.net/moromoro/makumoniguru3.htm
FBI超能力捜査官はアホだ その3
http://www.sakusha.net/moromoro/makumoniguru4.htm
************************************************************
テレビ局もいつまでくだらない番組を垂れ流しするのでしょうね。と思ったら最近あまり流れませんね。ネットで嘘を暴露されるのでさすがにまずいと思ってやめたのかな。

どこかの局で真面目な超能力検証番組をしてくれないものでしょうかね。

2008年03月15日

大槻教授がダウジングを斬る

ダウジングといえば、L字型の棒切れを両手に持って地下の水脈を当てるのだという。
このダウジングをやるオカルトをダウザーという。超能力スプーン曲げを鼻から馬鹿にする人でも、ダウジングを信じる人はいる。10年近く前、れっきとした土木学会の東北支部のメンバーがそうだった。
http://ohtsuki-yoshihiko.cocolog-nifty.com/blog/2008/03/34_1ce1.html
************************************************************
ダウジングを信じている人がいるようですが、昨年のテレビ特番の公開実験でもダウジングの第一人者の方という堤さんが見事に失敗していたわけで、ダウジングがいかに怪しいか調べればすぐわかるというものです。

その割に、これまでダウジングが生き残っているというのが不思議な話ですね。そういえば以前テレビで埋めた場所がわからなくなったタイムカプセルを探しあてたというのを見ましたが

2005年4月10日に放送された『FBI超能力捜査官』シリーズ第8弾の「タイムカプセル発掘プロジェクト」

いつものテレビ局の過剰演出によるもので実際は偶然見つけられただけのようです。

超常現象の謎解き ダウジング
http://www.nazotoki.com/dowsing.html
を見るとダウジングの検証はことごとく失敗しているようで、ここまで実験が失敗しているようだとダウジングには全く効果がないと断定して良いのかなと思います。

それにしてもこれは本物かなというような超能力や超常現象は存在しないものでしょうか。

2007年12月31日

ビートたけし緊急検証超常現象(秘)ファイル!!祝10周年も一度見たい禁断の(秘)映像100連発

昨日は一部しか見ていませんが、超常現象ファイルの10年間を振り返ってみるといい加減なものが大半でしたね。
信憑性のありそうなものは1%くらいでしょうか。

それにしても新しい情報もほとんどなく手抜きの番組だったのでは?

特にひどかったのは、ユリゲラー、テレパシーを送るとかいって5種類の記号から選ばせるなんてインチキもはなはだしい。
もし1000万人が見ていたら、何もしなくても200万人は当たってしまうし、星なんて誰でもイメージしやすいから、300万人は自動的に当たってしまうでしょう。
番組会場にいた10人のうち8人くらいが星を選べばテレパシーがあるかもと思うけど、現実はただの数字のトリックなだけ。

たぶん家庭で☆をイメージして偶然当たったのに、やっぱりユリゲラーはすごいと思い込んだ人が何万人もいたのでしょうね。

これがいつものユリゲラーの手口でしょう。

肝心の番組が用意した透視実験については、疲れているのでできませんとは、あきれる言い訳だったわけで、ユリゲラーがインチキだと確信できただけでしたね。

番組を見てあらためて思ったのは、サイババもインチキだったということかな。

本物はどこにいるのという感じです。

そうそう一人だけ興味深い人が・・・。スプーン曲げを自由自在にする人。時間が取れたらちょっと調べて見るかなと思ってます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。