2009年11月08日

強力な太陽嵐で2012年に大停電? 対抗策は

2012年に世界が終わる――こう聞いたら、マヤ文明の予言の話だと思うかもしれない。しかしこの恐ろしい予測は、マヤの民でなく科学者が行なったものだ。米航空宇宙局(NASA)が招集した研究チームが昨年発表した報告書には、太陽嵐が壊滅的な被害をもたらす可能性に関連して、そんな身の毛もよだつシナリオが記されているのだ。[2012年人類滅亡説は、マヤ文明において用いられていた暦の一つが2012年12月20日に一つの区切りを迎えることから連想された、オカルト的な終末論の一つ]

『Severe Space Weather Events ― Understanding Societal and Economic Impacts』(激しい宇宙気象――その社会的・経済的影響の把握)と題するこの報告書は、太陽フレアが放出するエネルギーが地球の磁場を混乱させ、強力な電流によって高圧変圧器が故障し、電力網が停止する可能性について検証したものだ。

************************************************************
当ブログは2012年12月22日に何かが起こるのではという疑問を解消するためにはじめたものですが、検証していくうちにどうも何も起こらないのではないかという印象が強いので、だんだんとブログを書くことから遠ざかっていたわけです。
ところがもうすぐ2012という映画が公開されるようで、またまた2012年が注目を浴びることになりそうです。まあ映画なのだから架空の話なのでしょと検索をしてみたら、上記の記事を見つけてしまったというわけです。

えっ2012年に大停電が起こる?どっちにしろネット社会は崩壊するかもしれませんね。磁場が混乱したらインターネットなんて全く使い物にならなくなるのではないでしょうか。

というわけでちょっと気になる記事なのでした。

2012という映画については劇場で見てみようと思います。果てさてどんな映画なのでしょうね。
posted by orute at 10:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 天災・地震・異常気象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月24日

深夜の地震のおかげでブログを書くのを忘れてました

何だか嫌な揺れ方の地震だったもので、これは関東大震災が来るのかと一瞬身構えたりしていたこともあってかその後熟睡できずに寝不足気味なわけです。

いつものサイトをのぞいて見るとまだ大地震の可能性はあるらしいので、またまた嫌な感じです。
http://www1.odn.ne.jp/~cam22440/yoti01.htm

ただこのサイトを運営している人は、ジュセリーノと違って何だかあたる精度が結構高い気もするので無視できないわけで・・・

関東大震災の予測なんてはずれてほしいのですが、いつかは来るのは確かなわけで・・・。

つくづく思うのは、こんな地震の多い国が何故世界でも有数の経済大国になれたのでしょうね。ちょっと不思議です。
posted by orute at 14:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 天災・地震・異常気象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月21日

いつ起きても仕方がないと言われているのだから、巨大地震の備えをしておかないとね

福島から関東に至る道程で、首都を見ると異様な靄(地気)に包まれ、この地域に巨大地震が忍び寄っている宏観状況がよく分かる。もう数十日〜数ヶ月でM8を大きく超える巨大地震が首都圏を襲うと断定してよい状況だと思う。
http://www1.odn.ne.jp/~cam22440/yoti01.htm
************************************************************
昨日も小さいながらも地震が起きて、巨大地震が来るかもと一瞬だけ思うわけですが、私が生きている間に必ず遭遇しそうなわけで、嫌な感じですね。
どうせくるなら被害が一番少なくなる深夜にでも起きてくれると良いのですが。
posted by orute at 06:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 天災・地震・異常気象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。