2008年05月14日

詐欺師の手口と江原さんの手口の類似性

私は詐欺師に騙される人たちの心境が分かりませんが、それは私が詐欺師に出会ったことがないからなのでしょう。昨日のニュースでは無職の45歳の女性が20億円を騙し取ったとかいうものがありましたが、このケースなんかも騙された人たちは、この女性を信じるに足る何かがあったのでしょうね。

クロサギという番組を面白くて見ていましたが、詐欺師は誰もが詐欺師とわかるようでは詐欺が成功しないわけです。信用させるために仕掛けを用意しているわけです。
99%信用させる内容があって、1%嘘があるというわけです。
70%事実で30%嘘くらいだと誰も騙されないのでしょうね。信用してもらうためには本当のことをちりばめる行為が必要なのでしょう。

そういう観点から考えると江原さんを信じている人は、江原さんの発言の99%が正しいことを言っているため信じきってしまい1%おかしいところがあっても気にならないということなのでしょうね。

私は江原さんを全否定する気はないのですが、1%気に入らない部分があると思っているわけです。江原さんの話には、嘘が混じっていると。嘘は泥棒の始まりなわけで、この人は信用できないよと。

悪徳商法に関わっていないから良い人なんだという単純な発想の人は、詐欺にも引っかかりやすい人なので要注意でしょう。振込み詐欺にも気をつけたほうが良いでしょうね。
posted by orute at 07:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 霊・オーラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世間では相変わらず江原人気はすごいようです。

江原啓之をタブーにするな: 馬場 伯明
千葉市中央図書館で著者「江原啓之」を端末機で検索したら56冊、その内54冊が貸出し中であった。江原啓之(以下、江原という)の人気はすごい。残りの2冊を借りた。
http://chomon-ryojiro.iza.ne.jp/blog/entry/574035/
************************************************************
私も千葉市民なわけですが、千葉市民に江原さんの本が人気とはね。私が思った以上に世の中はとほほな状況のようです。

それはそうと江原批判が広がらないのは、有名な出版社がこぞって江原本を出しているわけで天につばをするわけにはいかないからなのでしょう。
集英社、中央公論新社、文芸春秋、飛鳥新社、徳間書店、マガジンハ
ウス、三笠書房、講談社、都市文化社、パルコエンターテインメント、PHP研究所、ハート出版、新潮社、光文社、主婦と生活社、小学館
日本の大手出版社が勢ぞろいしているわけですから、これでは江原批判ができないのも無理はないですね。

これらの出版社の編集者は江原さんを信じているのでしょうかね。それとも本が売れれば内容はどうでも良いのかな。
posted by orute at 07:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 霊・オーラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月12日

オーラについて考えてみると

私はオーラなんて見ることが出来ません。世界中のほとんどの人がオーラなんて見ることができないわけです。
ところがオーラが見えると言い張る人たちがいます。
江原さんもその一人なわけですが、さてこのオーラというものは現実に存在するものなのでしょうか。霊能力者だけに見えるという話ですが、その霊能力者も見え方は様々なようです。
もし霊能力者100人を集めて、個別に仕切りをして、特定の人物を見てもらった際に半数以上の人が同じオーラが見えるというのなら、今の科学では解明できないけれどオーラが存在するかもしれないという可能性があると思います。

しかしながら、私がこれまでテレビ等で見てきた限りでは霊能力者の方々の見えるオーラというのは様々なようです。

オーラは自称霊能者と言われる人たちの中で起きる単なる視覚の異常に過ぎないのかもしれません。確かに江原さんにはオーラ?が見えるのでしょう。それは修行等を積んで精神に異常をきたして、他の人には見えないものが見えるようになっただけなのかもしれないというわけです。大槻教授立会いの下に脳波の検査でもしてもらうとよいのかも知れませんね。

すなわちオーラも霊も江原さんにしか見えない妄想の世界ではないかと思うわけです。江原さんに見えているオーラは、脳に異常をきたしたために見える妄想だろうと。それと死者の声が聞こえるというのも脳に異常をきたしているだけなのでしょうね。自己暗示にかかって自分が作り出した声が聞こえるのでしょう。そもそも古代の外国の霊は日本語を話さないわけで、どうやって理解しているのでしょうか。それとも日本人の霊だけ理解できているのかな。

霊が見えるというのが、事実で霊は存在すると言い張るのなら、公開実験をすべきなのです。複数の人が同じ霊が見えるというのなら、存在する可能性が出てくるわけです。ぜひ大槻教授にお願いして、実験をしてもらうべきです。

大体が、オーラの色が赤だから情熱的だと青だから冷静だとかそんな小学生でも思いつくような解説がちゃんちゃらおかしいというわけです。

よく考えると矛盾だらけの江原さんを信じる人たちは本当におめでたいというしかありません。

私は霊の存在は信じたい。先祖の霊には敬意を払いたい。だから毎年2回墓参りもするわけです。しかしながら、霊は存在するというのをテレビなんかで発言する気は全くありません。存在することを証明する手段がないのですから。信じるのは自由ですが、テレビ等の媒体で発言することは許されないと思うわけです。

私は霊を見たこともありません。ただし、父親が亡くなった時に不思議なことが沢山起きたことだけは確かです。一体何故あの時期に体験したことのないことが立て続けに起きたのかそれはいまだに気になっています。

当ブログでは今後も霊について探求していきたいと思っています。どこかに少しでも科学的に解明された不思議な現象があったら教えてもらいたい。これまでネット上で調べた限りでは、どれもこれもイカサマだったということが判明しているものばかりだからです。
posted by orute at 07:23| Comment(8) | TrackBack(0) | 霊・オーラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。