2008年04月11日

江原スピリチュアルの大嘘を暴くを読んで見ました3

オーラの色について大槻教授が分析にしていますが、見事に江原さんのいい加減さが暴露されているようです。長い間に適当なことをしゃべりすぎてボロが出てしまったということなのでしょうね。

そもそもオーラの色が赤だから情熱的だなんて、そんなの小学生でも思いつくようなレベルでしょう。こんな子供だましの話をありがたがって聞いているほうがおかしいというものです。

そもそもだから何?という話ではないでしょうか。

もし本当に霊能力の高い人が存在するのなら、その人は江原さんをこの大嘘つきと厳しい目で見ているのではないでしょうかね。

もし江原さんが批判にさらされて、本物の霊能者なのにひどい迫害を受けているということなら、ぜひ神様、江原さんに殺人事件の被害者の方に真犯人を教えるという霊界の掟を破ることを許してあげてください。

そうすれば江原さんが本物の霊能者だったと世間が認めてくれるでしょう。

この世には、迷宮入りした殺人事件の陰で苦しんでいる家族の方が沢山おられるのですから、江原さんには一人でも良いからそういう人を救って上げてほしい。
亡くなった方と話をすることが出来る能力をお持ちなのだから、ケチケチせずにその能力を苦しんでいる人のために使ってあげてほしいものです。

江原さんが今回のバッシングで、偽物という疑いを晴らすために、お持ちの霊能力を全開にして、あらゆる難事件を次から次へと解決するという21世紀における聖人になられますことを切に願っています。
posted by orute at 06:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 霊・オーラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大槻教授が江原批判本発刊“被害者”に「立ち直って」

「反オカルト」で知られる物理学者の大槻義彦氏(71・“大槻教授”)がスピリチュアルカウンセラー・江原啓之氏(43)の批判本を「おかげさまで」「やっと」発売にこぎつけたことを自身のブログで報告した。
http://news.ameba.jp/weblog/2008/04/12747.html
************************************************************
この記事のコメント欄に当ブログのコメントと同じものがあるようです。なるほど熱狂的は江原信者がいるようです。

大槻教授が金儲けのために江原批判本を出したと主張している方がいるようですが、それをいったら江原さんは金儲けのためにどれだけの本を出しているのということになるわけです。それもほとんどがかなり程度の低い本のようで・・・。
posted by orute at 06:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 霊・オーラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月09日

大槻教授、江原啓之に宣戦布告「法廷でインチキ暴く」

スピリチュアルブームの立役者、江原啓之氏(43)に、オカルト批判で有名な早大名誉教授の大槻義彦氏(71)が8日、批判本を出版した。大槻氏は「江原氏は霊感商法の根源」と批判、弁護士らと連携し、出版や放送の差し止めなど法的手段に訴える構えで、「法廷で検証実験を行い、インチキを暴く」と果たし状を突き付けた。
http://www.zakzak.co.jp/gei/2008_04/g2008040817_all.html
************************************************************
さてマスコミはどのくらい大槻教授の動きを取り上げるのでしょうね。何とか大きな動きにつながっていって欲しいものです。頑張れ大槻教授。
posted by orute at 07:18| Comment(0) | TrackBack(1) | 霊・オーラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。