2008年01月12日

WTCビルは内部で爆発があったのはまず間違いないわけで


一体爆発の元は何なんでしょうか?高層ビル内に爆発の元になるようなものがあるはずがないわけで、爆発物がセットされていた可能性を否定できないのでは。

そうなると粉塵を浴びた人がガンになっているという事実から推測すると水爆が使用された可能性がゼロではなさそうです。
posted by orute at 10:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 疑惑? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ついに911疑惑が国会で真相追及


結局石破さんの答弁では、ペンタゴンに757が突っ込んだことについては全く触れられていませんね。

それにしてもこうしたどう考えてもおかしいことが起きているのに、ごまかされてしまう今の状況では、何が事実で何が嘘なのか判断のしようがないですね。
911はアメリカの陰謀で、アポロ計画の月着陸も嘘で・・・。という可能性がかなりあるのかもしれません。

2012年に向けて人類が危機が迫っている可能性だってありそうです。もしそういう危機があっても公開すると混乱するだけだとしたら、情報公開はされないわけで、起きている変化からその裏に何が隠されているのかを探る必要があるのかも。

そうそう今日と明日のNHKスペシャルについてはぜひ見るべきでしょう。
1月12日(土)NHK総合 午後9時〜 
NHKスペシャルシリーズ
 最強ウイルス1「感染爆発〜パンデミック・フルー」
1月13日(日)NHK総合 午後9時〜
NHKスペシャルシリーズ
最強ウイルス2「新型インフルエンザの恐怖」
posted by orute at 10:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 疑惑? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月08日

久しぶりに911疑惑について考えると

911については不思議な話があるようです。
先日リチャード・コシミズさんという方のセミナーのビデオを見てみたのですが、そのセミナーの中で話されている内容が変なのです。
2007年6月9日リチャード・コシミズ京都講演会
http://video.google.com/videoplay?docid=-5531771243763964471&hl=en

あのビル崩壊において粉塵を吸った人にがん患者が増えている?そうです。もしこれが事実だとすると911のビル崩壊の原因が水爆だったという説をトンデモ説と片付けるわけにはいかないようです。

がん患者が発生しているのは事実なのだろうか?
何故粉塵を吸ってがん患者になる?
ビル爆破に水爆を使った?

そんな馬鹿なことがあるかと否定するのは簡単ですが、がん患者が発生しているというのが事実なら、それが何故なのかをはっきりさせないと水爆説を否定するのはフェアでないということになりそうです。
posted by orute at 15:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 疑惑? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。