2008年01月02日

これまで月に降り立った人は何人?

何と6回成功して12人も月面に降り立っているのです。しかも死亡した人も怪我をした人もなし。すごい技術です。まるでSFの世界です。
40年前の人たちは皆すごく優秀だったようで。

それにしても月に降り立った人が何人かということをもっと皆が知っていても不思議はないと思うのですが、知っている人はどのくらいいるのでしょう。それとも月に降り立ったことはたいしたことではないのかな。

そもそもアポロ計画に疑念を覚えるのは、月に人が降り立つには、もっと時間がかかったはずではないでしょうかということです。あまりにもとんとん拍子に月に着陸してしまっているのがすごく気になるわけです。そんなに都合よく物事がすすむわけがない。スピード違反でしょというものです。
ましてや月面着陸において事故がないなんて(13号は別)、そんなに月面の着陸と離陸は簡単なのでしょうかね。すごく不思議です。
重力が1/6だからなのかな。

アポロで月に行った人は何人いるのでしょうか?
http://moon.jaxa.jp/ja/qanda/faq/faq4/apollo_astronaut.html
posted by orute at 06:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 疑惑? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月28日

アガスティアの葉ってありえないと思うのですが・・・

アガスティアの葉とは、各個人の予言が古代タミル語で詩の形でヤシの葉に書かれているそうです。本人の名前、両親の名前、生年月日、職業、その人の人生について詳しく書かれているらしいのですが、南インドに行くとナディリーダーと称する人がその人の予言を探してくれるようです。さらに驚くべきことにその人のアガスティアの葉を探して予言を聞いてきてくれる代行サービスまであるというのですから、摩訶不思議な話です。

個人のアガスティアの葉が存在するということ自体がありえないと思うのに、代行してもらってまで試してみたいという人がいるというのが驚きです。

まあアガスティアの葉を信じるのもその人の勝手なわけで、とやかく言うのは余計なお世話なのかもしれませんね。

日本人の誰もがおみくじなんかを毎年のように引いて、一喜一憂しているわけで、アガスティアの葉もその程度と思えば良いのかもしれません。

でも一言いうとしたら、インドには11億人以上住んでいるという話なのに、何故インド人を差し置いて日本人のことを書いたアガスティアの葉が存在するのでしょうかね。まさが地球上のすべての人の葉があるのかと言いたくなる。
まあ一部の方のものしかないと言いはるのでしょうが、例え10万人分があるとしてもそれを管理するのは大変でしょう。ヤシの葉に書かれているというのですから、管理が大変なわけです。どうやって10万枚のヤシの葉から特定の人の葉を選ぶというのでしょうかね。

あまりにもありえない設定ではないでしょうかね。

そういえば細木数子さんが、六星占術は統計学なのよとか言っているけれど、どんなコンピュータを使って統計処理をしているのでしょうかね。細木さんの感ピュータなんでしょとつっこみを入れたくなります。
posted by orute at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 疑惑? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月20日

日本にイエスキリストの墓がある そんなわけないでしょと言いたいところですが・・・

あまりにもありえないような話なのですが、キリストの墓があるといわれている戸来村には、イスラエルの風習に似たものが残っているということですから、イエスキリストはともかくとしてユダヤの血を引く人たちが何らかの理由があって日本にたどり着いたということはあるのかもしれませんね。

日ユ同祖論が全くの作り話ではないのかもしれません。そうそう世界中の人たちのDNAを調べていくと、今後は色々なことがわかってくるのかもしれませんね。


キリストは日本で死んだのか?
http://members.ozemail.com.au/~skyaxe/m02_1.htm
キリストの墓でナニャドヤラ「キリスト祭り」【青森】
http://b-spot.seesaa.net/article/20337439.html
posted by orute at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 疑惑? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。