2009年03月06日

米国株、ダウ終値281ドル安の6594ドル 12年ぶり安値

【NQNニューヨーク=横内理恵】5日の米株式市場でダウ工業株30種平均は大幅反落。前日比281ドル40セント安の6594ドル44セント(速報値)で終え、1997年4月以来の安値を付けた。格付け会社が一部大手銀行の格付け見通しを引き下げたことなどを受け、銀行株が大幅下落し相場の重しとなった。米証券取引委員会(SEC)に提出した年次報告書に事業継続能力への疑念を経営リスクとして明記したゼネラル・モーターズ(GM)も急落した。

 一方、ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は同54.15ポイント安の1299.59(同)と2003年3月以来の安値で終えた。

************************************************************
アメリカはどんどん下げるのに、日本は決算期末を控えていることもあって、政府主導?で年金資金による買い支えが入るのでしょうから、3月中はあまり下げないのでしょうが、4月以降はずるずると下げを拡大していくのでしょうね。100年に一度の金融危機に対して買い支えなどという愚かな政策しか打てない政治家しかいない日本に未来は内といえるでしょう。

今回の世界大恐慌によって、年金資金は消えてなくなってしまうのかもしれません。私はまだ年金をもらう年齢ではありませんが、この分だと私の世代は年金がもらえないことになるのかもしれませんね。

さて2012年12月22日まであと3年半となりましたが、世界はどういう状況になっていくのでしょう。できれば平和で繁栄した世界が望ましいのですが、ここ数年のバブルの清算は避けることができないわけですから、覚悟が必要なのでしょうね。といってもバブルの恩恵を受けたわけではない日本が世界大恐慌に巻き込まれるのは納得がいかないわけですが・・・。

まあ世界で一番立ち直るのが早いのが日本ということになるのかもしれません。年末にはひどい状況が予想されるわけで、備えを万全にして耐えられうようにしようとは思っていますが、どうなることやら。
posted by orute at 07:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 危機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月18日

生物の住めない「死の海域」半世紀で急増、世界400の水域に


地球温暖化とわいわい騒ぐ前に、自然破壊のほうをもっと議論すべきなのではないでしょうかね。中国なんかは公害がかなりひどい状況なわけで、地球温暖化防止のためにお金を使うよりも、自然環境を守るほうに金を使えよと言いたい。
何しろ中国が海を汚すと日本が大迷惑なわけで、その点をきちっと中国に申し入れをしろよと言いたいけど、そんなまともなことをいえる政治家はいそうにないかな。中国のご機嫌鳥ばかりをする福田のとっつあんが日本のボスなのだから。
posted by orute at 07:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 危機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月04日

数百の米銀が破たんし納税者負担215兆円の可能性=エコノミスト

[ニューヨーク 3日 ロイター] 3日付の米投資週刊紙バロンズは、エコノミストで米ニューヨーク大学教授のヌリエル・ルービニ氏の発言を引用し、米国は、少なくとも1年半は継続して数百の銀行を破たんに追い込むリセッションの第2イニングにあると報じた。

 ルービニ氏によると、国民は金融サービス業界の残りを救済するため、多額の税金を支払う必要に迫られる見通しだ。同氏は納税者の支出について少なくとも1兆ドルとし、どちらかといえば2兆ドルに達するだろうとした。
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-33051720080804?feedType=RSS&feedName=topNews
************************************************************
この教授はアメリカの金融がぼろぼろになるといっていながら、世界経済については極めて強気というのが良くわかりませんね。

アメリカがおかしくなったら、間違いなく日本経済への影響は確実にあるわけで、しばらく不況に備えることが必要かもしれません。

とにかく一番心配なのは食糧危機ですが、今のところ大丈夫なのかな?
posted by orute at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 危機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。