2008年08月01日

NASA、土星の衛星に液体を確認


宇宙に液体、でも水ではないようですね。もっと驚くようなものが発見されてほしいものでが、生物がいても発表などしないでしょうね。

人類を超える知的生命体が存在したなんてことが発表されたら、世界中がひっくり返るのでしょうけど・・・。そんなことがあるわけないかな。
posted by orute at 12:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 宇宙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月17日

数十億年前の火星は水の星?米研究者らが新たな発表


火星にはかつて豊富に水があったとはびっくりですね。その水はどうなったのでしょうか。蒸発?火星の地底に豊富にあってそこに火星人が住んでいるなんてことがあったら面白いのですが。
火星人発見というような、ええっ・・・というようなビッグニュースが流れないものでしょうかね。

さて世界大暴落については、なぜかアメリカの株式市場がかなり上げているので今週は大丈夫なのでしょうか。でも上がったらさらに売られるというこのがベア相場の特徴なので、金融関係者は神にすがるような気持ちでしょうね。

でもえてしてええっっというような事件などがきっかけになってセリング・クライマックスになりやすい地合なわけですが、さてこの危機をアメリカは乗り切れるのでしょうか。
posted by orute at 06:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 宇宙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月12日

月面に水の存在示す新報告

月に水が存在するのだとすれば生命体も存在するかも知れないわけで、ぜひ有人月探査機を送り込んで月を調査しまくってほしいものです。
ちなみに大槻教授がかつて月に人が降り立ったのは疑わしいということにな関して、その反論をしている興味深いブログを発見しました。
アポロは月に行ってない?
http://asios-blog.seesaa.net/article/102450313.html
このブログを読んでみると大槻教授の方が間違ったことを言っているのは明らかなようです。

残念?ながらアポロは月に行って月の石を持ち帰っているのは間違いなく、月の石と地球の石がほとんどおなじだったのも、月の創生が地球に衝突した物体によって生じた地球のかけらが衛星になったという説からいっても当然なことのようです。

アポロは月から石を持ち帰ったというのは限りなく事実のようで、当ブログがこれまで疑念を持っていたことに関しては前言撤回いたします。

大槻教授の月の石に関する現在の判断を聞きたいところです。
posted by orute at 06:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 宇宙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。