2008年02月28日

「自動戦闘ロボットが人類を脅かす日」、人工知能専門家らが予測


日本の人間型ロボットと海外の兵器ロボットが融合すると将来ロボコップのような危険な兵器が誕生しそうですね。すでに戦闘ロボットが戦場に登場しているとは知りませんでした。
posted by orute at 05:46| Comment(0) | TrackBack(0) | テロ&戦争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月20日

イラク南部2都市でカルト教団が同時攻撃、66人死傷


終末論を説くイスラム教カルト教団というのがあるようですね。イラクが混乱しているために、終末論に逃げ込む人が多いのでしょうか?

2012年12月22日に地球が・・・。というのを信じる人の深層心理には、現実から逃避したいがためというものがあるかもしれませんので、要注意ですよね。

2012年に関心を持つのは良いが、変な宗教や団体に感化され無いようにしないといけないというわけです。

posted by orute at 09:24| Comment(0) | TrackBack(0) | テロ&戦争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月09日

今年のイラクでの米軍死亡者数は過去最高


イラクでの米軍の死者は、どういう大義名分のために亡くなっているのでしょうね。本当に対テロ戦争なのか?
テロの首謀者といわれているオサマ・ビン・ラディンは、まだ健在なのか。そもそも世界最強のアメリカ軍を敵に回して、911テロを実現する能力があったのか、すごく疑わしい。

イラクで起きている戦闘は、イラクの人たちがアメリカに侵略されていると感じて、国を守るために戦っているだけなのでは?アメリカは石油利権が欲しいためにイラクを侵略しているだけなのでは?

防衛省の守屋武昌前防衛事務次官と防衛専門商社「山田洋行」の元専務の癒着なんかを見てもわかるとおり、戦争や兵器に関わるビジネスは莫大な利益をもたらすだけに、イラクの戦闘も兵器産業に関わる企業を潤していることだけは確かでしょう。

ちなみにこれらの企業にとっては、地球上でテロや戦争が無くなると売り上げが減るわけだから、生き残るためにはテロや戦争の火種を自ら作り出すようなこともありそうです。
posted by orute at 05:31| Comment(0) | TrackBack(0) | テロ&戦争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。