2008年01月21日

理論天文学者 小久保英一郎

TBSの情熱大陸で小久保英一郎さんのことを特集していましたが、天文の世界でもトップクラスの人材が日本にいることに対してうれしく思いました。

このクラスの人には、自分の研究も頑張って欲しいですが、子供の教育にも力を入れて欲しいなと思うわけです。

番組内での月の解説なんかは、大人の私がそうだったのかと驚くような内容でしたから、子供の頃にそういう話を聞いていたら、宇宙に関心を持つ子供がたくさんできるだろうなと思うからです。

そうそうこの小久保英一郎さんに2012年の事を聞いて見ると面白いでしょうね。特にフォトンベルトの話なんかをするとどんな返答があるのでしょう。

理路整然と否定されるのではないでしょうか。フォトンベルトなんてそんなものは少なくとも私は存在を確認していませんとね。

ただ2012年については、全否定はしないでしょう。宇宙人の存在についても全否定はしてませんでしたし、宇宙に生物が存在するのは当然でしょうねという考え方の持ち主のようですから。

本棚に宇宙人大図鑑という本があったのにはびっくりです。理論は理論として、宇宙人はSFとして楽しんでいる方なのかもしれませんね。
posted by orute at 09:01| Comment(0) | TrackBack(0) | すごいぞ日本人! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月01日

誇り高き日本人 今年は偽ではなく義の年になってほしい

英国から、はるばる感謝を述べるために来日したフォール卿(当時・フォール中尉)は、その日の出来事を振り返り、次のように語った。云く、「救助の旗が揚がった時は、夢かと思いました。彼ら(日本兵)は敵である私たちを全力で助けてくれたのです」と。また、「1人、2人を救うことはあっても、全員を捜そうとはしないでしょう。たとえ戦場でもフェアに戦う。困っている人がいれば、それが敵であっても、全力で救う。それが日本の誇り高き武士道であると認識したのです」と。

博士の独り言 敵兵を救助せよ!  より
http://specialnotes.blog77.fc2.com/
************************************************************
こんな話が埋もれているとは知りませんでした。私の叔父も若手将校として太平洋戦争で亡くなったようですが、誇り高き日本人の一人だったのではないでしょうか。

うんざりするようなニュースばかりでは嫌になりますが、たまにこのような誇り高き日本人の話を耳にするとほっとしますね。
posted by orute at 13:02| Comment(0) | TrackBack(0) | すごいぞ日本人! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月06日

シルク・ドゥ・ソレイユで活躍する高橋典子 世界一のバトントワラー

録画していた情熱大陸を見て驚きました。ラスベガスで上演されているシルク・ドゥ・ソレイユで日本人が活躍していることを知りました。
しかもソロで観客の注目を一身に浴びているなんて、何てすごい女性なんだろうかと。
2012年まで上演される予定のようですから、ぜひこの目でこの女性の演技を見てみたいものです。

独占インタビュー 高橋典子さん
「もっと心を表現したい・・・」 バトントワリングの女王の新しい挑戦
http://www.yokoso.com/tokusyu/0502_1.html

結構いるものですね。世界で活躍している日本人が・・・。
posted by orute at 18:51| Comment(0) | TrackBack(0) | すごいぞ日本人! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。