2008年12月13日

NY株反発、ダウ終値64ドル高の8629ドル

【NQNニューヨーク=横内理恵】12日の米株式市場でダウ工業株30種平均は反発。前日比64ドル59セント高の8629ドル68セントで終えた。前日、米上院で自動車大手救済法案をめぐる審議が決裂したことを受け、自動車大手破綻の可能性が意識され、大幅安で始まった。その後、政府が金融安定化法案に基づいた支援を検討することを明らかにしたことを好感し、買い戻しが入った。ただ自動車業界をめぐる先行き不透明感は根強く、売り買いが交錯。終日、不安定な値動きが続いた。

 一方、ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は同32.84ポイント高の1540.72で終えた。大型ハイテク株に値ごろ感などからの買いが入った。
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20081213AT3L1300113122008.html
************************************************************
アメリカ政府が支援策を乱発するたびに株価も反発するのでしょうが、これからも悪材料が次から次へと出てくるのでしょうから、売り圧力が強すぎて、結局7000ドル割れ、6000ドル割れへと下げていくのではないでしょうかね。
政策に売りなしという格言で買い向かっている筋があるようですが、それは10年に1度の暴落の際に有効な方法であって100年に一度の暴落には通用しないのではないでしょうか。

日本の経済状況もとんでもなく悪いようで、先日○○で聞いた話では売り上げが20%減だとか・・・。これはとんでもない減少幅であって、来年は想像もつかない不景気がやってくるのかもしれません。
posted by orute at 07:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月10日

ソニー、1万6000人削減 世界でリストラ、正社員8000人含む

ソニーは9日、全世界で1万6000人以上の人員削減や生産拠点の統廃合などを柱とするエレクトロニクス(電機)部門のリストラ計画を発表した。人員削減には約8000人の正社員を含み、生産拠点は5、6カ所減らす。設備投資の圧縮と合わせ、年間1000億円を上回るコスト削減を狙う。世界的な景気後退や円高で同社の業績は急速に悪化している。大規模リストラで収益構造の抜本的な見直しに取り組む。

 同社は2005年のハワード・ストリンガー会長兼最高経営責任者(CEO)の就任以降、1万人の人員削減や生産拠点11カ所の統廃合などのリストラを進め収益は回復傾向にあった。だが液晶テレビなど主力製品の需要急減や価格下落を受け再度の構造改革を迫られた。電機大手の収益力は軒並み低下しており、リストラの動きが他社に広がる可能性が高い。

 人員削減は10年3月末までに実施する。正社員が電機部門の総人員の約5%に相当する8000人、派遣社員など非正社員が8000人以上にのぼる見通し。57カ所ある生産拠点は10年3月期末までに約1割減らす。
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20081210AT1D090A909122008.html
************************************************************
世界中でリストラが一斉に行われそうですね。アメリカでは老舗新聞のトリビューンが経営破綻して負債総額1兆2000億円ということで世界大恐慌がすでに始まっていると認識した方が良いようです。
こういう状況では、絶対に株式投資などはしてはいけないわけで、ボーナスで株を買って儲けようなんてことは考えないほうが無難です。
余計な出費は抑えて倹約に努め、何が起きても数年間は耐えられるようにしておくべきでしょう。

それにしても来年は暗い1年になりそうです。

2012年に人類にとってとんでもない何かが起きるかもしれないので、その検証をするために始めたブログですが、2012年に向けて世界は大混乱になりそうな雰囲気ですね。

子どもの頃は、未来は明るい、毎年毎年世の中はよくなっていくなどと思っていましたが、それは幻想なのかもしれません。
posted by orute at 07:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月09日

NY株、大幅続伸 一時上げ幅340ドル超

 【ニューヨーク=米州総局】8日午前のニューヨーク株式市場でダウ工業株30種平均は大幅続伸。前週末終値と比べた上げ幅は一時、340ドルを超えた。各国が追加の景気刺激策を検討していることを好感してアジア・欧州市場が急反発した流れを受け、主力株が軒並み上昇。午前11時(日本時間9日午前1時)現在、ダウ平均は前週末比332ドル69セント高の8968ドル11セントで推移している。

 米自動車大手3社の公的支援が進展するとの期待から自動車関連株が大幅高。金融関連株にも買いが入っている。
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20081208AT2M0803808122008.html
************************************************************
アメリカも日本も株が上がっていますが、さてこの先はどうなることやら。それにしてもアメリカはまさかの9000ドル台まで戻しそうな雰囲気ですね。まあそれも何かをきっかけにしてまたドカンと下がるのでしょうけどね。

それにしても日本経済はどんどん悪化しているようです。聞こえてくるのは景気の悪い話ばかりなのですが・・・。先日知り合いから聞いた話では、今年のお歳暮は昨年にくらべて数がかなり少ないとか。ランチを出している飲食店でも利用者がかなり減っているとか。

麻生首相は国民から総スカンをくらっているようですし、経済も政治も大混乱したままで年を越すことになりそうです。
posted by orute at 04:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。