2008年12月26日

新商品の行列に最大千人の「サクラ」

23日に大阪に上陸したマクドナルドの新商品「クォーターパウンダー」。開店前からの長蛇の列の中にお金で雇われたいわゆる「サクラ」が含まれていたことが、JNNの取材で明らかになりました。

 先月東京で先行発売され、話題となっていたマクドナルドの巨大バーガー「クォーターパウンダー」。関西初上陸となった23日、大阪・ミナミの店の前には開店を待つ大勢の人。徹夜組も含めたおよそ2000人が、1キロにも渡る長蛇の列をつくりました。

 「販売開始いたしましたが、さきほど耳にしましたが、2千数百人の方が並んでいらっしゃると。大成功だったなと思います」(日本マクドナルド 原田泳幸CEO、23日午前11時半すぎ)

 しかし、この行列の中には、なんとお金で雇われた客、つまり「サクラ」が最大で1000人含まれていたことがJNNの取材でわかりました。人材派遣会社大手の「フルキャスト」が事前にアルバイトを雇い、並ばせていたのです。

 募集広告には「並んで買って食べるだけの仕事」と魅力的な言葉が躍り、時給1000円に加えて、ご丁寧に商品の購入代金まで用意するとあります。

 「ただ並ぶだけというよりは、商品のモニターの仕事だったんですよ。(Q.これは『サクラ』ではないのか?)モニターのお仕事ですので・・・」(フルキャスト広報)

 マクドナルドはこの翌日、初日の来店者数が1万5000人に上り、売り上げも1002万円と最高記録を更新したと、ホームページなどで派手派手しく自慢しました。しかし、「サクラ」に買わせた数も含まれたこの数字は、純粋な売り上げと言えるのでしょうか。

 「景品表示法上は、売上高が多いこと、あるいは来客数が多いことが誤解を招くような場合は、不当表示に該当するおそれがあると考えられます」(公正取引委員会 取引課長)

 自作自演との批判も上がっている今回の騒動を、日本マクドナルドはJNNの取材に対して、「モニターの募集は依頼したが、意図的に盛り上げようとしたわけではない」と話しています。
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn/20081225/20081225-00000065-jnn-soci.html
************************************************************
マクドナルドはとんでもない会社のようです。こんなマーケティング手法を用いるとはね。原田泳幸CEOはサクラを使っていた事実を知っていたのでしょうか。知っていた上で行列を喜んでいたとすれば至上最低の経営者でしょうし、知らなかったとしたらこんなまぬけな経営者はいないということになりそうです。

今はネットの活用が進んでいますから、サクラなんてすぐばれるわけで、まともな会社ならサクラなんていう馬鹿げた手法は使わないのでしょうけど、マクドナルドはまともな会社ではなかったようです。

それにしても純粋に行列に並んだ(そんな奴は本当にいたのか?)人たちは無駄に並ぶことになったわけで、怒って良いわけですが、まあ並ぶこと自体が間抜けな行為なわけで、文句を言う人もいないかな。

この件は今頃2chで大騒ぎになっているのかな?
posted by orute at 07:52| Comment(0) | TrackBack(1) | 不正・偽装問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月19日

秋葉原で逮捕「露出アイドル」はNHKのやらせだった−真相スクープ

週刊現代 [ 2008年05月31日号]
●アキバで逮捕の真相スクープ 証拠メールも入手!
■「露出アイドル」はNHKの“やらせ”だった
************************************************************
散歩の途中でコンビニで読んでみたのですが、この沢本あすかなる女性が秋葉原で過剰な露出をしているのをテレビで見たときに、日本はここまでひどい国になったのかと愕然としたのですが、なんとその裏にNHKのディレクター?のやらせがあったようなのです。
元々この沢本あすかは、それほど過激な露出はしていなかったのでしょうが、NHKが取材するということで、有名になる千載一遇のチャンスととらえて行き過ぎた行為をしてしまったのではないかと思うわけです。

とすると世間を騒がしたのも、沢本あすかが逮捕されたのも結局はNHKの取材がきっかけなわけで、やらせといわれても仕方がないようなことをしでかしたからには、NHKが謝罪をするべきでしょう。

何だか世の中おかしくなっていますね。やってはならないことくらい判断がつかないのでしょうか。

そういえば天羽優子准教授が、グリンピースが犯罪を犯したと正義感ぶってなにやら書いていますが、山形大学のサイトに不正な掲示板を勝手に作っているくせに何を言ってるんだかと言いたい。

私がこのブログで主張していることは、行き過ぎた行為は許されないという点のみなのです。

天羽優子准教授の行為には行き過ぎた部分があると、特に事象の地平線なるブログは、不正行為で成り立っている可能性があると指摘しているのです。

当ブログは、天羽優子准教授から釈明があるまでは永遠と不正をしているかもしれないと書き続けるわけです。

ちなみに天羽優子准教授は間違いなく当ブログを見ているはずなのです。何しろ当ブログが昨年の10月1日に作成されたばかりのエントリーにコメントしてきたようなネットオタクなのですから、当ブログを無視できるはずがないのです。

それではなぜ反論してこないのかというと、ようするに自分の都合の悪いことは逃げてしまうという性癖を持っているからなのです。自分の過ちを直すことなくわが道を突き進んでしまったため、自分の所属する大学まで訴えてしまったわけです。

さてこの女性は自分がどんな過ちを犯していたかをいつ気がつくのでしょうね。そのうち大学の職を無くすようなことをしでかして全く肩書きが無くなったときにしかわからないのでしょうか。まあ思い込みの激しい女性のようですから、いきつくとこまでいくしかないのでしょう。


尚、当ブログでは事実に反することを書いた場合等については、当方が納得すれば謝罪し当該エントリーを削除する用意があります。本人および取り巻きの方の指摘をお待ちしております。
posted by orute at 06:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 不正・偽装問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月19日

日本テレビの報道特捜プロジェクトを見て

社会保険庁のあまりにもひどい体質に怒りを覚えました。年金を横領した職員のいた事務所の所長達の犯罪隠蔽と社会保険庁ぐるみの無責任体制、それどころか責任を取るべき奴らがその後栄転までして、今は天下りして高額の給与をもらってのうのうと生活しているという事実にはあきれ果てました。しかもその責任者達が、日本テレビの取材に対して、全く反省の色も見せず開き直ってすらいることに、怒り心頭で世が世ならこいつらに天誅をくらわしてやりたいくらいです。

それと社会保険庁がなぜこの責任者達が責任を取らなかったのかと問い合わせた際に、すでに退職していて責任を取らせることができなかったと嘘の回答をしたことは絶対に許せない。この嘘をついた奴は、公文書偽造で刑務所に入ってもらうべきでしょう。末端の職員が嘘をついても不正をしても仕事をサボっても少しくらいなら大丈夫だと世間をなめているから、社会保険庁の奴らはこれまで問題ばかり起こしてきたわけで、日本テレビの取材班の方たちには、嘘を回答した職員をぜひとも告訴してもらいたいものです。

それと枡添大臣には愛想をつかしました。こんな最悪のことをしでかしている社会保険庁のことを日本テレビの取材しようとしていても逃げ回るばかりの卑怯な奴だとは思わなかった。大臣になったばかりの頃の威勢の良い態度が、姑息な態度に変ったのは一体何故なのか。こんな奴の応援はもう金輪際しないとはっきりいいたい。

それにしても日本はひどい国になったものです。県立高校の入学金が払えない親が全国にいるというのですから。硫化水素による自殺も毎日のように起こっているわけで、今の日本はあまりにもおかしい。

こうなったら私が、日本を変えてやる。




と出来もしないことを考えてみたりする土曜日の夕方でした。
posted by orute at 18:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 不正・偽装問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。