2009年02月23日

商工ローン大手のSFCG、民事再生法を申請 負債総額3000億円

東証1部上場の商工ローン大手、SFCG(旧商工ファンド)は23日、東京地裁に民事再生法の適用を申請した。負債総額は約3000億円とみられる。1978年に創業し中小企業向け融資を手掛けたが、強引な債権回収方法が社会問題となり信用力が低下。融資先企業の経営悪化や金融危機の影響による資金調達難で経営が行き詰まった。

 同社は1978年に創業。中小企業向けの小口融資で業績を伸ばしたが、債務者への強引な取り立てに批判が集まり、大島健伸社長(当時)が国会から参考人招致されるなど社会問題化した。

 2002年に社名をSFCGに変更して信頼回復を目指したが、その後も利息制限法の上限を超える「過払い金」の返還や返済を巡るトラブルが相次いでいた。
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20090223AT3K2300423022009.html
************************************************************
やはりかつて社会問題を引き起こした企業というのは、生き残るのは厳しいということでしょうか。

さて今週の株式市場はどういう動きを見せるのでしょう。もしかして日経平均が7000円割れなんてありえるかも。
posted by orute at 09:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月18日

NY株大幅続落、ダウ終値297ドル安 原油は35ドル割れ

【NQNニューヨーク】3連休明けの17日の米株式市場でダウ工業株30種平均は大幅に3日続落。前週末比297ドル81セント安の7552ドル60セントで終えた。景気や金融システム不安から、金融株や石油株などを中心に幅広い銘柄に売りが膨らんだ。同日夕に経営再建計画を提出する予定の自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)も急落し、投資家心理を冷やした。朝方発表した2008年11月―09年1月決算で、特別項目を除く一株利益が市場予想を上回ったディスカウントストア大手ウォルマート・ストアーズが上げた。一方、ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は続落。同63.70ポイント安の1470.66で終えた。

 また、ニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)で原油先物相場は大幅に反落。WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)で期近の3月物は3連休前の13日終値比2.58ドル安の1バレル34.93ドルで終えた。世界的な株安や景気の先行き不透明感を背景に、エネルギー需要減少の思惑が広がり、売りが優勢だった。
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20090218AT3L1800818022009.html
************************************************************
いよいよ本格的な世界大恐慌がはりまるかもしれませんね。オバマ大統領就任のご祝儀相場は終わって、今後数年間の世界経済の動向を株価が織り込んでいく段階なのでしょう。
今年一杯もしくは来年も世界経済は下落を続けるのは確実でしょうから、株価は大名行列のようなことになるでしょう。
下に下に
というわけです。

私が仕事等でこれから日本経済はとんでもないことになると話をしても耳を貸さなかった人たちが今後は愕然とすることになるでしょう。

それにしても世界経済と日本経済が100年に一度の危機的状況だというのに中川大臣の辞任騒動がトップニュースというのは、何ともお先真っ暗な国といえそうです。


posted by orute at 09:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月15日

【国会議員のオカルト集団】

『さすがは理工系出身の鳩山由紀夫幹事長だ。超党派の議員を集めてオカルト問題を研究する議員連盟を作っている。』と早合点していた。
これがまったく逆、実はオカルトを肯定的に『研究』する議員連盟だったのだ。

この会合の名は、『人間サイエンスの会』という。
人間の潜在能力を調査研究するのが会の目的とある。

『潜在能力』だと?
つまり、超能力ではないか。科学の会だというが実は非科学の会ではないか。
http://ohtsuki-yoshihiko.cocolog-nifty.com/
************************************************************
私自身は超能力肯定派なのでこの会を全面否定をすることはありませんが、ぜひ大槻教授を呼んで超能力があるのかないのかを徹底的に研究してほしいものです。

政治家たちが超能力があると信じているのなら、ぜひ証明してほしい。まあジュセリーノを信じているような政治家は論外ですが。

私自身の体験からも超能力は存在すると信じているわけで、あっても不思議はない。といっても科学的に証明できないという事実がやっぱり存在しないのかなと弱気にもなるわけです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。